完全無添加な安心安全ドッグフードはこれ1 > 犬に限らず、動物の健康状態を見るのに一番効果的な

完全無添加な安心安全ドッグフードはこれ1

ドッグフードの選び方やおすすめなドッグフードを紹介します。

犬に限らず、動物の健康状態を見るの

犬に限らず、動物の健康状態を見るのに一番効果的なのはウンチを見ることです。

前に述べましたが、動物性たんぱく質の摂取が犬には非常に肝心なことなのです。

毎日ちゃんと動物性たんぱく質が摂れている犬は丸まった便が出て、しっかりした赤茶色で、多い量ではないです。

また、臭いはそんなにしません。


穀物類を大量に食べた時はちょっと消化不十分になることがあり、便も臭いがしっかりして、ゆるゆるの柔らかさ、量がたくさんになります。

肝臓に疾患がある時や胆汁の分泌が十分でない時は、便の色が薄くなります。

膵臓がよく活動していなったり、多くの栄養補助食品を食べたりすると、白っぽい便が出てきます。さらに、普段の尿は薄い黄色でありますが、いっぱい水を飲むと、尿は薄い色に変わります。

犬が多くの水を飲みたがる時は糖尿病の疑いがあります。

しかも、尿路結石の時は尿が頻繁に出たり、逆に、尿が全く出なかったりします。犬が摂取する栄養成分のうち、もっとも重要なものは動物性タンパク質、つまりお肉です。

だから、ドッグフードはお肉が多くふくまれているものがいいということになります。

肉の値段はピンキリといっても1kg500円〜700円前後のものはなかなかありません。
それでも、激安スーパーや特売を捜せばそのくらいの安いお肉に巡り会えることもあるかもしれません。

でも、これは人が食べるための肉に限ったことです。

普通のドッグフードにはほとんど水分がふくまれません。
70%が水分である生肉1kgをドッグフードのようにドライタイプにすると、残るのはたった400gです。そう考えると、安いドッグフードはまともな肉なんて使われていないか、肉など入っていない可能性も考えられます。ドッグフードの相場はどうでしょうかドッグフードの値段は10kgで1000円前後の大袋に入ったドッグフードから1kgで2000円近くするプレミアムドッグフードまで様々ですが、500円から700円程度のドライタイプがペットショップでの売れ筋のようです。


では、この価格帯は、食料品として正しいのでしょうか。


人よりも犬のほウガイいものを食べているようだ、と思うかもしれませんが、プレミアムドッグフードという名がつきながらも、人間の食費よりは安価です。


10年以上の間、犬は同じフードを与えられます。


まともじゃないものが入っているドッグフードを食べつづけて、老後、病気になった場合、そのほうがお金がかかります。

ドッグフードの原材料は本当にまともではなく、それは食品衛生法などで守られていないからです。


人間のジャンクフードがかわいく思えるくらいの「まともじゃなさ」です。



あるドッグフードを食べると、その犬の皮膚がただれて毛が抜けてしまう。これは化学合成添加物などが原因で起こり得ます。
人間と同様に、毒性に強い犬がいれば弱い犬も存在します。弱いものはほんの少量の添加物にも過剰に反応します。もし、あなたのペットがアレルギーだった場合、食事を手作りしてあげてみてちょうだい。さまざまなメーカー出す低アレルギー食ドッグフードを取捨選択するよりも、それが一番確実です。

それでも症状が改善しない場合は、アレルギー源として疑わしいものを一つずつ抜いて食事を造り、アレルギー源を突き止めてちょうだい。
自分で作った料理に何が入っているかは作った本人が一番わかります。
手作り食は面倒臭いと思うかもしれませんが、数ある低アレルギードッグフードから良いものを見つけたり、病院に通いつづけることを考えると、そうでもないはずです。それに、自分でアレルギー源を確かめるのが一番信用に値します。
良質のドッグフードを購入するのは、わんちゃんの家族としてあたりまえ、との考えは市販では低品質のドッグフードしか購入できないと考えてしまいがちになりませんか?いったい何が使われているのか、表示を見てもよくわからないかもしれません。



どうしても家族として考えてしまうから、ドッグフードにも人間の食材と同じ品質を求めてしまうかもしれません。
その結果、神経質になりすぎてドッグフードに疑念を持ってしまいそうですが、ドッグフードにはどうしても保存料などがふくまれてしまいますので、代わりに生肉を食べ指せるしかありません。


神経質になりすぎるよりも、わんちゃんのことを理解し、わんちゃんもそれぞれ体質は違います。

成長と伴に食事も変わるので、その辺も見据えてドッグフードを考えることが大事です。

まずは大まかにドッグフードを選別し、選別したものを一つ一つ原材料などを着目していくようにし、犬にとってどのドッグフードが最良か考えることが必要です。犬のからだではなく、飼い方や食べ物に問題が潜んでいることもあります。


生活環境に関しては、それぞれのご家庭、犬の性格に合わせて、各種の取り組み方があります。

まずは人間との関係性と犬の生活環境をととのえ、食事時間にも配慮が必要です。

他の犬に合うドッグフードが自分の犬にも合うとは限らず、個々に合うドッグフードというのは異なります。

ドッグフードは消化のよいものを選びます。



きちんとした原材料を使用し、犬の体やアレルギーに配慮したものは消化のよいものが多いです。

そこから犬に合ったものを選んであげると良いでしょう。

フードの合う、合わないは食いつきがよいかに加えて、毛並みの良し悪しや便の状態も確認して判断しましょう。
ドッグフード選びにあたり、どこに注目しますか?メーカーが購買意欲を促進する大事なポイントとして、キャッチコピーで購入者にわかりやすく説明するということがあげられます。
ドッグフードのみならず、購買意欲をそそる言葉はすぐに目に入るところにデザインされています。
ドッグフードのキャッチコピーで次のような事例をみてみます。愛犬が柴犬の客にとっては「柴犬専用」という商品を思わず手に取ってしまうでしょう。



冷静に考えると、そもそも柴犬専用のドッグフードとはどのようなものなのでしょうか。何が「柴犬専門」かはわからないけど、「柴犬専門」と書かれているなら専門なのだろう。
そのドッグフードを精査する部分が「柴犬専門」だけでいいと判断しても大丈夫なのでしょうか。


宣伝広告について、私は反論している訳ではありません。



私はフレーズのみでドッグフードを選んでしまうことには疑念を抱いています。わんちゃんの食事はお肉と雑穀のどちらがいいか、人それぞれ考え方が違うのです。しかし、現実問題として、犬は穀類や炭水化物の消化は得意ではありません。

また、動物栄養学国立研究会議(NRC)は「犬・猫にとって重要なのはたんぱく質である。炭水化物を摂取しなくても犬や猫は健康でいられる」と言っています。
同じように専門家の多数も、犬は炭水化物で体調を悪くする訳ではないが、与えなくても大丈夫、という意見が多く見受けられます。

特に取らなくても問題のない成分なので、炭水化物をありがとうございますピールしているドッグフードはありません。

それにもか変らず、穀物はドッグフードの原料としてスタンダードです。どういうことかというと、穀物を入れた方が安くなるからです。そもそも穀物から良質のたんぱく質の摂取は期待できませんし、炭水化物中心のドッグフードよりも肉が多くふくまれているものの方が犬の健康には重要です。
ドッグフードを選ぶときには、肉と穀物、どちらが中心のものが良いのでしょうか。


しかし、犬の体は炭水化物を消化しにくい仕組みになっています。
また、動物栄養学国立研究会議(NRC)は「犬・猫にとって重要なのはたんぱく質である。炭水化物を与えなくても犬・猫にとって問題はない」と示しています。
一般的に専門機関の見解では、炭水化物を犬に与えることを禁じている訳ではなく、あっても無くても構わないものといった認識が大半のようです。

わんちゃんにとって炭水化物は摂取しなくてもいい成分なので、ドッグフードの成分表示に記されていません。
それでもドッグフードの主成分に穀物が多く使われているのは何故かというと、価格を抑えてドッグフードを作れるからです。



たんぱく質を取るなら穀物はお奨めの原料ではありません。炭水化物は重要な成分ではない為、たんぱく質をしっかり取るためにも肉がたくさんふくまれているドッグフードを選びましょう。


毎食ドッグフードを使うなら知っておくべき点は、「総合栄養食であるかどうか」「ペットフード公正取引協議会の定める基準を満たしているかどうか」「ライフステージにあったドッグフードを選ぶ」の三点です。ドッグフードはその目的によって、総合栄養食、間食、その他の目的食に分類されます。



総合栄養食とは、これと水分を摂取すれば十分犬の健康が維持できる食品のことです。

即ち、毎日与えて問題がない食べ物です。間食は軽い食事になるもので、それ以外には味付けなどで与えるもので、動物病院でもらった療法食もふくまれることがあります(療法食の大部分が総合栄養食です)。
要するに、軽食や他の食品では十分な栄養が摂取できないから、主食として適さないものです。



ドッグフードを与えようと思うなら、「総合栄養食」の文字があるパッケージのものをセレクトして下さい。

ナチュロルについてはこちら

Copyright (c) 2014 完全無添加な安心安全ドッグフードはこれ1 All rights reserved.
▲ページの先頭へ