完全無添加な安心安全ドッグフードはこれ1 > わんちゃんにとって一番大切な栄養

完全無添加な安心安全ドッグフードはこれ1

ドッグフードの選び方やおすすめなドッグフードを紹介します。

わんちゃんにとって一番大切な栄養素

わんちゃんにとって一番大切な栄養素、それはほかでもなくお肉にふくまれる動物性タンパク質なのです。したがって、ドッグフードの主成分は肉でなければなりません。おみせで、1kgで500?700円前後のお肉を探してみると、殆ど見当たらないと思いますが、激安スーパーで種類が豚や鶏なら部位によってはそれぐらいの値段のお肉もあるかも知れません。


でも、これは生肉についての話です。
乾燥されたドッグフードには、10%しか水分がありません。生肉1kgのうち、水分はなんと700gもあります。つまり、この肉からドッグフードレベルまで水分を抜くと、600gが失われることになります。そう考えると、犬が食べているドッグフードにまともな肉が入っているとは考えにくく、また、肉など入っていない可能性も考えられます。犬限定の方法ではなく、うんちで健康状況を調べるのはさまざまな動物に当てはまります。動物性たんぱく質が犬にはとても大事であることは、別の記事でも書いています。

よく動物性たんぱく質をふくむ食事ができている犬は丸くなった便をして、茶褐色が濃い感じで、量は多めではありません。


しかも、あまり臭いません。穀物類を大量に食べた時はちょっと消化不十分になることがあり、便も臭いがしっかりして、ゆるゆるの柔らかさ、量がたくさんになります。
色が濃くない便が出立ということは、胆汁が足りていないとか、肝臓がよくないとかが予想されます。


ちょっと白がかったうんちの時は、膵臓が弱っていることや大量のサプリメントを食べたことが考えられます。それに、尿は淡い黄色が普通ですけれど、大量の水分を摂取した時は薄い色の尿になります。水を飲み過ぎる犬は、糖尿病の場合があります。しかも、尿路結石の時は尿が頻繁に出たり、逆に、尿が全く出なかったりします。


改善しなければいけないのは犬の体ではなく、生活環境やドッグフードかも知れません。生活環境に関しては、それぞれのご家庭、犬の性格に合わせて、様々な取り組み方があります。


基本的には人間との関係性を改善すること、ハウスなど安心できる環境を調えること、食事時間を見直すことが大切なんです。
犬によって合うドッグフード、合わないドッグフードは異なりますので、すべての犬におすすめのドッグフードというのはありません。


一般に、ドッグフードは消化性の高いものがいいとされています。



質の良い原材料を使い、胃腸、皮膚、アレルギーなどに配慮したフードは消化によいことが多いので、種類も多いので犬にあったものが見つかるでしょう。



フードの合う、合わないは食いつきがよ如何に加えて、毛並みの良し悪しや便の状態も確認して判断しましょう。
動物性タンパク質をまんなかにタンパク質を摂取することが大切なんです。


犬は本来人間と同じものを食べることは可能です。しかし栄養バランスの取り方は犬と人間は全く異なります。


犬はタンパク質が一番カギになる栄養素になります。犬は人間よりあまたのアミノ酸を必要とします。

アミノ酸はタンパク質から摂取することが出来ます。



ここで本来大切なのは動物性タンパク質と言われる肉などを摂取しなければいけません。植物性のタンパク質は犬が必要とするアミノ酸を全部取ることは不可能です。
犬は植物性のタンパク質は分解出来ないから植物性はよくありません。
ドッグフードは価格が安く、低品質な穀物とタンパク質をきちんと考えられています。
しかし、ドッグフードの袋を見ても、粗タンパクしか表示されていないから、必須アミノ酸がしっかり配合されているか分かりません。
犬の健康を考え立ときに、肉派と穀物派に分かれるのではないでしょうか。しかし、炭水化物を取っ立としても、犬はあまり消化ができません。
また、動物栄養学国立研究会議(NRC)は「十分なたんぱく質を与えられていれば、炭水化物を与えなくても犬・猫にとって問題はない」と示しています。
それ以外の専門機関でも、炭水化物が犬の健康を害するというのではなく、取らなくても問題ないという考えが多いです。
事実、ドッグフードの主成分に炭水化物の項目が無いのは、犬にとっては不要な栄養成分だからです。
そんな健康に影響が皆無の成分にもか替らず、ドッグフードには穀物が多くふくまれています。
なぜなら、単純に原価を下げるためです。

穀物から得られるタンパク質はあまり良質ではないですし、炭水化物を取る必要がないのなら、ドッグフードの成分割合は穀物より肉が多くあるのが望ましいです。犬のエサとして肉と穀物、どちらがいいか見解が分かれます。しかし、わんちゃんは穀物や炭水化を消化しようとすると負担がかかってしまいますまた、動物栄養学国立研究会議(NRC)は「たんぱく質をまんなかに食事をすれば、炭水化物を与えなくても犬・猫にとって問題はない」と示しています。


一般的に専門機関の見解では、炭水化物を犬に与えることを禁じているわけではなく、取っ立ところで健康への影響はない、と考えられる傾向にあります。

実際に、ドッグフードの表記に「炭水化物」はありません。なぜなら、重要な成分ではないからです。それなのに多くのドッグフードには穀物がたくさん入っています。

どうしてかというと、価格を抑えてドッグフードを造れるからです。たんぱく質を取るなら穀物はお勧めの原料ではありません。


やはりわんちゃんの食事はお肉まんなかにすることがお勧めです。家族だからこそ、わんちゃんのドッグフードには気をつかうべきです、と提唱されると、まるで市販のドッグフードには良い物がないという印象をもちませんか?食品添加物、◯◯ミール、なんの肉を使っているのかわからない原材料、家族の一員だからこそ、人間の食事に比べて低質に感じることもあるでしょう。
その結果、神経質になりすぎてドッグフードに疑念を持ってしまいそうですが、保存料がなく、無添加の食事というと、生肉にするしかないという結論に行きつきます。そこに注意を払うのではなく、わんちゃん自身に着目して下さい。


ドッグフードといっても、年齢や種別、体調、大型犬か小型犬かによってベストなドッグフードは異なります。

ドッグフードの対象を見極めて、対象のものだけ成分表示などを吟味するようにし、わんちゃんが必要とするドッグフードを考慮すべきです。あるドッグフードを食べると、その犬の皮膚がただれて毛が抜けてしまう。このようなことが起こる要因として、化学合成添加物の含有などがあります。

人間と同様に、毒性に強い犬がいれば弱い犬も存在します。

弱い犬は、ほんの少量ふくまれる添加物にも度を超えて反応してしまいます。
もし、あなたのペットがアレルギーだった場合、食事を手つくりしてあげてみて下さい。


市販の低アレルギー食には様々な種類があるため、これが一番確実な方法と言えます。それでも良くならない場合、ひとつひとつ材料を抜いて食事をつくり、アレルギーの原因を特定して下さい。


自作の料理に何がふくまれているかは、作ったあなたが一番わかっています。



手つくりには手間が掛かってしまいますが、いろいろな程アレルギードッグブードを試し、通院する手間などを考慮すれば、おなじようなものでしょう。それに、自分でアレルギー源を確かめるのが一番信用に値します。



市場におけるドッグフードの価格はどのようなものでしょうか1kgで2000円近くするプレミアムドッグフードから、10kgで1000円前後の安価なものまで売られていますが、ペットショップの取りあつかいで主流なのは約500円から700円のものです。

ここで、食料品として正しい相場であるかを検証してみたいと思います。人間の食費だってままならないのに、犬がこんなに高価なものを食べているのかと思う場合もあるでしょうが、予想しているほど、プレミアムドッグフードは高価ではありません。そして、犬はドッグフードを10年以上、毎日食べつづけます。安全基準の定かではないドッグフードを食べては、犬の健康にも不安があります。想像だにしないようなまともじゃないものが、ドッグフードの原材料として使われているのです。ジャンクフードのほうが、安全であると断言できます。



ドッグフードを食事の基本にする時に気を付けるべ聴ことは、「トータル的に栄養が摂れるドッグフードかどうか」「ペットフード公正取引協議会の決まりに添っているかどうか」「生活スタイルに見合うドッグフードを与える」の3つの要素があります。飼い犬に与える食事は、主食になる栄養満点なもの、お菓子、追加する食事に分けられます。総合栄養食は健康に欠かせない栄養が入っているもので、アトはお水を与えれば大丈夫です。

言ってみれば、日本人のお米のようなものに当たります。間食は主にお菓子として使われるもので、その他の目的食はトッピングなどに使われるもので、動物病院の先生に言われて食べ指せている食品もふくまれることがあります(この食品は概ね総合栄養食に該当します)。

つまり、間食やその他の目的食はそのフード単独では犬の栄養を満たすことができないため、基本の食事にならないのです。



ドッグフードを与えようと思うのだったら、「総合栄養食」の文字があるパッケージのものをセレクトして下さい。
Copyright (c) 2014 完全無添加な安心安全ドッグフードはこれ1 All rights reserved.
▲ページの先頭へ