完全無添加な安心安全ドッグフードはこれ1 > 健康状態に異常がなければ、食事と生活

完全無添加な安心安全ドッグフードはこれ1

ドッグフードの選び方やおすすめなドッグフードを紹介します。

健康状態に異常がなければ、食事と生活環境を見直

健康状態に異常がなければ、食事と生活環境を見直しましょう。犬の性格、飼育環境によって生活環境の改善方法は異なります。

最も大切なのは飼い主とよい関係を築くこととハウスなどくつろげる場所を準備すること、食事時間にも配慮が必要です。



犬によって合うドッグフード、合わないドッグフードは異なりますので、一概に「このフードが良い!!」というものはありません。
消化のよいドッグフードがフード選びの基本となります。

人間の食べ物同様原材料に拘り、犬の体内やアレルゲンを考慮したフードは消化によく、そのジャンルから愛犬に合ったものを選ぶと良いと思います。わんちゃんがドッグフードをよく食べるかどうかは勿論、毛並みや便の状態もしっかりチェックしましょう。
ドッグフードの相場はどうでしょうか通常のドッグフードの倍の値段もするプレミアムドッグフードなどもありますが、ペットショップの取りあつかいで主流なのは約500円から700円のものです。

この相場、食料品として正しい価格なのか少し考えてみたく思います。

人間だって食費を抑えている時代に、犬だけ高いフードを買うなんて考えられないと思う方もいるかもしれませんが、 人間の食費よりは、プレミアムドッグフードのほうが安いと思います。
10年以上の間、犬は同じフードを与えられます。安全基準の定かではないドッグフードを食べては、犬の健康にも不安(あまりにも頻繁に強く感じるようなら、カウンセリングなどが必要かもしれませんね)があります。
想像だにしないようなまともじゃないものが、ドッグフードの原材料として使われているのです。

ジャンクフードのほうが、安全であると断言できます。

犬にとって最も大切な栄養成分は肉などの動物性タンパク質です。

だから、ドッグフードはお肉が多くふくまれているものがいいということになります。

どんなに捜しても1kg600円前後で買える肉はなかなかありません。


しかし、激安スーパーで種類が豚や鶏なら部位によってはそれぐらいの値段のお肉もあるかもしれません。しかし、それは加工されていない肉の話です。大抵のドッグフードはドライタイプ(水分10%)です。生肉にふくまれる水分は概ね70%前後です。よって、1kgの生肉をドライタイプ(水分10%)にすると、400gしか残りません。そうやって考えると、比較的安価なドッグフードにふくまれている肉はまともなものではないか、肉以外のもので構成されているかのどちらかだといえます。
毎食ドッグフードを使うなら知っておくべき点は、「栄養バランスが取れた食品かどうか」「ペットフード公正取引協議会が決めている目安を守っているか」「年齢に合ったドッグフードを選択する」の3つです。

飼い犬に与える食事は、主食になる栄養満点なもの、お菓子、追加する食事に分けられます。総合栄養食とは、犬が摂取しなければならない栄養素が詰まっているものですから、これと水をあげれば十分です。
端的に言えば、これさえ食べさせておけばOKです。間食は大体お菓子に使用され、他にも理由によって食べ物があり、動物病院で処方される療法食の一部もふくまれることがあります(療法食の多くは総合栄養食として食べさせることができるのです)。即ち、間食やその他のフードを食べさせていても、栄養バランスが完全にはならないので、毎回与える食品に該当しません。

ドッグフードを食べさせる場合は、「総合栄養食」と記載のあるかを忘れずにチェックしてください。犬のドッグフード選びは家族として大切である、と強調されるとまるで市販のドッグフードには良い物がないという印象をもちませんか?どんな内容の原料か神経質になればなるほど迷ってしまいます。

家族の一員だからこそ、人間の食事に比べて低質に感じることもあるでしょう。

では、いったいどんなドッグフードを選べばいいのか、疑問に思うかもしれませんが、保存料がなく、無添加の食事というと、生肉にするしかないという結論に行きつきます。

そこまで悩まずとも、犬の生態を勉強し、ライフステージや犬種ごとにかかりやすい病気、さらにはサイズといった条件からベストなドッグフードを見つけることが先決となります。そのようにして、最低限の条件をクリアしたドッグフードの中から、より原産地などを選別し、ワンちゃんのためにちょうどなドッグフードを選んであげることが重要です。


動物性のタンパク質を取らないといけません。

犬は本来人間と同じものが食べられます。
体に必要な栄養は犬と人間では全く異なります。

犬はタンパク質が一番カギになる栄養素になります。

犬は人間よりあまたのアミノ酸を必要とします。

アミノ酸はタンパク質から摂取することができるのです。そのためには、肉類などの動物性のタンパク質がとても犬の体には重要となってきます。植物性のタンパク質では犬に物足りず、アミノ酸がきちんと取れません。

犬は植物性のタンパク質の分解機能が少ないです。
ドッグフードは安く買えるし、タンパク質の量も増やされたりしながら調整しています。
しかし、ドッグフードの袋を見ても、粗タンパクしか表示されていないから、必須アミノ酸がどのくらいあるのか分かりません。犬限定の方法ではなく、うんちで健康状況を調べるのはいろんな動物に当てはまります。

以前も書きましたが、犬にとって重要なのは動物性タンパク質です。



動物性タンパク質をきちんと摂取した犬のウンチはコロっとしていて、黄色っぽい茶色で、多い量ではありません。しかも、きつい臭いはしないです。

いっぱい穀物を与えた場合、下痢のような状態になることもあり、強い臭いがして、固さがドロドロのうんちになり、量が多めです。
ウンチの色がうすい色の場合は、胆汁が不足している可能性や、肝臓が悪い可能性があります。やや白いウンチは膵臓の機能が低下している時やサプリメントを多く摂っ立ときに出ます。それに、尿は淡い黄色が普通ですけれど、大量の水分を摂取した時は薄い色の尿になります。いっぱい水を飲む犬は、糖尿病かもしれません。

それに、尿路結石の場合はおしっこをしょっちゅうしたり、おしっこが少なかったりします。


あるドッグフードを食べると、肌がただれて毛が抜け落ちてしまう。このようなことが起こるのは、化学合成添加物などが原因の場合があります。人間と同じように、犬にも毒性に強いものと弱いものがいます。



弱いものはほんの少しの添加物でも過剰に反応します。もし、あなたのまわりにアレルギーの犬がいたら、ご飯を手造りしてあげてみてください。色々なメーカー出す低アレルギー食ドッグフードを取捨選択するよりも、それが一番確実です。それでもアレルギーが良くならない場合、疑わしい食材を一つずつ抜いてご飯を造り、アレルギー源を特定してください。自作の料理ならば、何が入っているかは掌握しているはずです。手造りは手間がかかるかもしれませんが、通院をつづけたり、いろいろな低アレルギードッグフードを試したりするのはとても大変です。



なによりも、自分でアレルギー源を特定する方が、確実で信用できます。

どんなことに気をつけてドッグフードを選んでいますか?宣伝広告の文言は、お客さんが商品をイメージしやすくするために、購入に繋がるかどうかカギとなるものです。


キャッチコピーが目立つのはなにもドッグフードに限りません。もし、ドッグフードに書かれているフレーズが次の内容だと仮定します。
「柴犬専用ドッグフード」という言葉で、柴犬の飼い主を惹きつけることができるのです。少し考えてみてください。ドッグフードでいう柴犬専用とはなんなのでしょうか。犬の専門知識があるワケではないし、販売店がいうことにエラーはないだろう。
本当に柴犬専門のドッグフードなのかもしれません。それよりも、別の部分でそのドッグフードを考察した方がいいかもしれません。

言葉により購買意欲をそそることが必ずしも良くないとは考えていません。目につく文章のことのみにとらわれず、慎重にドッグフードを購入して欲しいものです。


犬のエサとして肉と穀物、どちらがいいか見解が分かれます。


犬は炭水化物を上手く消化できません。また、動物栄養学国立研究会議(NRC)は「しっかりとタンパク質を摂取することにより、犬・猫は炭水化物を全く必要としないようである」と発表しています。その他の専門機関でも、犬にとって穀物(炭水化物)が悪いというよりは、あっても無くても構わないものといった認識が大半になっているでしょう。わんちゃんにとって炭水化物は摂取しなくてもいい成分なので、ドッグフードの成分表示に記されていません。
それにもか換らず、穀物はドッグフードの原料としてスタンダードです。

どういうことかというと、単純に原価を下げるためです。穀物から得られるタンパク質はあまり良質ではないですし、炭水化物は重要な成分ではないので、たんぱく質をしっかり取るためにも肉がたくさんふくまれているドッグフードを選びましょう。
Copyright (c) 2014 完全無添加な安心安全ドッグフードはこれ1 All rights reserved.
▲ページの先頭へ