完全無添加な安心安全ドッグフードはこれ1 > 動物性のタンパク質をしっかり取ることがカギで

完全無添加な安心安全ドッグフードはこれ1

ドッグフードの選び方やおすすめなドッグフードを紹介します。

動物性のタンパク質をしっかり取ることが

動物性のタンパク質をしっかり取ることがカギです。犬は本来人間と同じものを食事することが出来ます。
栄養をどう取るかというのは犬と人間とは全く異なります。

犬が必要としている栄養はタンパク質です。犬は人間よりいくつものアミノ酸が重要だから、そのためにタンパク質から摂取します。ここで、大事なものはタンパク質の中でも肉のような動物性タンパク質が必要になります。植物性のタンパク質は犬が必要とするアミノ酸を全部取ることは不可能です。



犬には植物性のタンパク質を分解する十分な機能があまり備わっていません。ドッグフードは安価で低品質な穀物でタンパク質のかさを増やしているものが多く見られます。しかしドッグフードの袋には粗タンパクしか栄養素が書かれていないから、必須アミノ酸がしっかり配合されているか分かりません。

ドッグフードの値段について、考えたことはありますか通常のドッグフードの倍の値段もするプレミアムドッグフードなどもありますが、ドライタイプの中でもよく目にするのは約500円から700円のものでしょうか。
この相場、食料品として正しい価格なのか少し考えてみたく思います。



人間だって食費を抑えている時代に、犬だけ高いフードを買うなんて考えられないと思う方もいるかも知れませんが、 プレミアムドッグフードと呼ばれているドッグフードでも人間の食費よりは安いはずです。10年以上の間、犬は同じフードを与えられます。

老後、病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)になったときに、その原因はまともじゃないものの入ったドッグフードを食べ続けたことかも知れません。想像だにしないようなまともじゃないものが、ドッグフードの原材料として使われているのです。



ジャンクフードのほうが、安全であると断言できます。特定のドッグフードを食べた場合、犬の皮膚がただれて毛が抜けてしまう。これは化学合成添加物などが原因の一部として挙げられます。
人間と同様に、毒性に強い犬もいれば弱い犬もいます。

弱い犬は、たった少しの添加物にも度を超えて反応します。
もし、アレルギーの犬がいた場合、まずはご飯を手創りすることに挑戦してみて下さい。
様々なメーカーが創る低アレルギー食ドッグフードをいろいろ試すよりも、それが一番確実な方法です。



それでも症状が良くならない場合、アレルギーの原因であると思われる食材を1種類ずつ抜いて特定をして下さい。あなたの料理に何が入っているかはあなたが一番理解しています。手創りには手間がかかってしまいますが、いろいろな程アレルギードッグブードを試し、通院する手間などを考慮すれば、おなじようなものでしょう。

なにより信用できるのは、自分でアレルギー源を突き止めることです。

何を基準にドッグフードを選びますか?宣伝広告の文言は、お客さんが商品をイメージしやすくするために、購入に繋がるかどうかカギとなるものです。目を引くようなフレーズの配置は、ドッグフード以外でも当たり前のことです。例えば次のような広告コピーのドッグフードがあったとします。柴犬の飼い主にとっては「柴犬専用」と書かれているドッグフードは魅力的に映るでしょう。


そうはいっても、そのドッグフードが本当に柴犬専用なのかはわかりません。
何が「柴犬専門」かはわからないけど、「柴犬専門」と書かれているなら専門なのだろう。
本当に柴犬専門のドッグフードなのかも知れません。



それよりも、別の部分でそのドッグフードを考察した方がいいかも知れません。

なにもキャッチコピーがすべて悪いという所以ではないでしょう。



ただ、ドッグフード選びにあたって、広告コピーのことはいったん、忘れて下さい。



健康状態に異常がなければ、食事と生活環境を見直しましょう。
環境を整えるには家庭の事情や犬の生活を考慮に入れる必要があります。人間との関係改善、住環境の整備および食事の時間をちゃんと決めることが基本です。犬によってドッグフードの合う、合わないがありますので、犬にあわせたドッグフードを選ぶ必要があります。


ドッグフードは消化のよいものを選びます。



良質な原材料を使用していて、胃腸・皮膚・アレルギーに配慮されたフードには消化性の良いフードが多いので、こういったフードの中から犬に合ったものを選ぶのが良いでしょう。フードの合う、合わないは食いつきがよいかに加えて、毛並みの良し悪しや便の状態も確認して判断しましょう。わんちゃんのご飯はお肉と雑穀のどちらがいいか、人それぞれ考え方が違います。しかし、犬の体は炭水化物を消化しにくい仕組みになっています。
また、動物栄養学国立研究会議(NRC)は「しっかりとタンパク質を摂取することにより、たんぱく質を十分に取るべきである」との見解を示しています。



一般的に専門機関の見解では、炭水化物を犬に与えることを禁じている所以ではなく、とくに炭水化物を摂取しなくても大丈夫、という見解が一般的です。事実、ドッグフードの主成分に炭水化物の項目が無いのは、犬にとっては不要な栄養成分だからです。



それでもドッグフードの主成分に穀物が多く使われているのは何故かというと、原価の安い穀物を入れた方が費用対効果が良いからです。良質のたんぱく質を穀物から取り入れるのは難しいですし、炭水化物は重要な成分ではないので、たんぱく質をしっかり取るためにも肉がたくさんふくまれているドッグフードを選びましょう。わんちゃんにとって一番大切な栄養素、それはほかでもなくお肉にふくまれる動物性タンパク質なのです。だから、ドッグフードはお肉が多くふくまれているものがいいと言う事になります。

安い肉を探しても、100g50〜60円で買える肉はほとんど見つからないでしょう。ただ、場合によってはそのくらいの値段でお肉が手に入ることもあるでしょう。



しかし、それは生肉での話し。大抵のドッグフードはドライタイプ(水分10%)です。

70%が水分である生肉1kgをドッグフードのようにドライタイプにすると、400gしか残りません。
このことから、一般的な安いドッグフードにふくまれる肉は実は私たちが考える肉とはちがうか、そもそも肉などほぼ入っていないに等しいのか以外の考えができません。


毎日ドッグフードを使っているケースでよく覚えておいた方がいいところは、「栄養バランスが取れた食品かどうか」「ペットフード公正取引協議会が決めている目安を守っているか」「年齢に合ったドッグフードを選択する」の3つです。ドッグフードはその目的によって、総合栄養食、間食、その他の目的食に分類されます。


総合栄養食とは、犬が摂取しなければならない栄養素が詰まっているものですから、これと水をあげれば十分です。


端的に言えば、これさえ食べ指せておけばOKです。

間食は主にお菓子として使われるもので、その他の目的食はトッピングなどに使われるもので、動物病院でもらった療法食もふくまれることがあります(療法食の大部分が総合栄養食です)。

即ち、間食やその他のフードを食べ指せていても、栄養バランスが完全にはならないので、主食として適さないものです。
ドッグフードを食べ指せる場合は、「総合栄養食」と記載のあるかを忘れずにチェックして下さい。
犬のドッグフード選びは家族として大切である、と強調されるとまるで市販のドッグフードには良い物がないという印象を持ちませんか?食品添加物、◯◯ミール、なんの肉を使っているのかわからない原材料、自分達が口にするものよりも見劣りするように感じるのは、犬をより大切に思っているからこそでしょう。



では、いったいどんなドッグフードを選べばいいのか、疑問に思うかも知れませんが、不要な成分がふくまれていない食事と言えば、生肉ぐらいになってしまいます。
そこまで悩まずとも、犬の生態を勉強し、犬の種類はもちろんですが、子犬か老犬か、体格などにもよって選ぶべきドッグフードは変わってきます。ドッグフードの対象を見極めて、対象のものだけ成分表示などを吟味するようにし、犬にとってどのドッグフードが最良か考えることが必要です。
わんちゃんのご飯はお肉と雑穀のどちらがいいか、人それぞれ考え方が違います。

犬は炭水化物を上手く消化できません。また、動物栄養学国立研究会議(NRC)は「しっかりとタンパク質を摂取することにより、たんぱく質を十分に取るべきである」との見解を示しています。


それ以外の専門機関でも、炭水化物が犬の健康を害するというのではなく、とくに炭水化物を摂取しなくても大丈夫、という見解が一般的です。



特に取らなくても問題のない成分なので、炭水化物をありがとうございますピールしているドッグフードはありません。


しかし、ドッグフードには多くの穀物を使用しています。なぜならば、原価の安い穀物を入れた方が費用対効果が良いからです。

良質のたんぱく質を穀物から取り入れるのは難しいですし、炭水化物を取る必要がないのなら、ドッグフードの成分割合は穀物より肉が多くあるのが望ましいです。

Copyright (c) 2014 完全無添加な安心安全ドッグフードはこれ1 All rights reserved.
▲ページの先頭へ