完全無添加な安心安全ドッグフードはこれ1 > あるドッグフードを食べると、その犬の皮膚

完全無添加な安心安全ドッグフードはこれ1

ドッグフードの選び方やおすすめなドッグフードを紹介します。

あるドッグフードを食べると、その

あるドッグフードを食べると、その犬の皮膚がただれて毛が抜けてしまう。これは化学合成添加物などにより引き起こされている可能性があるんです。
人間と同様に、毒性に強い犬もいれば弱い犬もいます。弱いものはほんの少しの添加物でも過剰に反応します。


もし、アレルギーの犬がいたら、まず手創りで犬の食事を作ってみてちょうだい。様々なメーカーがつくる低アレルギー食ドッグフードをいろいろ試すよりも、それが一番確実な方法です。それでもアレルギーが良くならない場合、疑わしい食材を一つずつ抜いて食事を創り、アレルギー源を特定してちょうだい。



自分で作った料理に何が入っているかは作った本人が一番わかります。確かに手創り食は手間もかかりますが、様々な低アレルギードッグフードを試したり、病院に通院し続ける手間と費用を考えたら、同じようなものです。
なによりも、自分でアレルギー源を特定する方が、確実で信用できます。ドッグフードの値段について、考えたことはありますかドッグフードの値段は10kgで1000円前後の大袋に入ったドッグフードから1kgで2000円近くするプレミアムドッグフードまで様々になりますが、そのなかでも一般的なものは500円〜700円のドライタイプのものだと思います。
しかし、ドッグフードの相場は、食料品として扱った時に、適正価格といえるのでしょうか。
人間だって食費を抑えている時代に、犬だけ高いフードを買うなんて考えられないと思う方もいるかもしれませんが、 思っていたよりも、プレミアムドッグフードは安いです。ほぼ一生の間、犬は同じドッグフードを食べ続けます。



老後、病気になっ立ときに、その原因はまともじゃないものの入ったドッグフードを食べ続けたことかもしれません。ドッグフードには食品衛生法は適応されず、まともじゃないと言っても過言ではない原材料が入っています。



正直に言えば、人間のジャンクフードのほうがまだましです。犬にとって最も大切な栄養成分は肉などの動物性タンパク質です。ですから、ドッグフードでどれくらいの肉がとれるのか考えてみなければなりません。市販の肉の値段は安くて100gで100円程度で、それより安いものはあまりありませんが、場合によってはそのくらいの値段でお肉が手に入ることもあるでしょう。しかし、それは生肉での話し。
大抵のドッグフードはドライタイプ(水分10%)です。生肉1kgのうち、水分はなんと700gもあります。


つまり、この肉からドッグフードレベルまで水分を抜くと、半分以下の400gになってしまいます。沿う考えると、安いドッグフードはまともな肉なんて使われていないか、ほとんど肉は入っていないかと考えるしかありません。
犬の健康を考え立ときに、肉派と穀物派に分かれるのになるでしょう。しかし、わんちゃんは穀物や炭水化を消化しようとすると負担がかかってしまいますまた、動物栄養学国立研究会議(NRC)は「犬・猫にとって重要なのはたんぱく質である。
炭水化物を摂取しなくても犬や猫は健康でいられる」と言っています。
また、他の専門機関も同様の見解で、炭水化物の摂取が犬猫の体に悪いと言ったのではなく、あっても無くても構わないものといった認識が大半のようです。事実、ドッグフードの主成分に炭水化物の項目が無いのは、犬にとっては不要な栄養成分だからです。
それでもドッグフードの主成分に穀物が多く使われているのは何故かと言ったと、穀物を入れた方が安くなるからです。そもそも穀物から良質のたんぱく質の摂取は期待できませんし、炭水化物を取る必要がないのなら、ドッグフードの成分割合は穀物より肉が多くあるのが望ましいです。動物性のタンパク質を取ることがカギになります。犬は本来人間と同じものが食べられます。
体に必要な栄養は犬と人間では全く異なります。犬が一番必要だと思われる栄養素(不足していると、体調不良が起こってしまいますし、食欲が異常に湧いてくるなんてことも)はタンパク質です。犬は人間よりたくさんのアミノ酸を摂取し、タンパク質から取らなければいけません。ここで、大事なものはタンパク質のなかでも肉のような動物性タンパク質が必要になります。
植物性タンパク質は犬に必要なアミノ酸をたくさん摂取することができません。犬には植物性のタンパク質を分解する十分な機能があまり備わっていません。



ドッグフードは価格が安いし、今はタンパク質の量も見直されています。
しかし、ドッグフードの成分表には、細かく成分が書かれていないから、必須アミノ酸の量が分かりません。
原因は病気や怪我ではなく、食事や環境の可能性もあります。犬の性格、飼育環境によって生活環境の改善方法は異なります。まずはご家族との関係を見つめ直し、犬が寛げる自分の場所を用意してあげましょう。
食事の時間をちゃんと決めることが基本です。



他の犬に合うドッグフードが自分の犬にも合うとは限らず、すべての犬にお薦めのドッグフードと言ったのはありません。



基本的には消化のよいドッグフードの中から選びます。

良質な原材料を使用していて、胃腸・皮膚・アレルギーに配慮されたフードには消化性の良いフードが多いので、種類も多いので犬にあったものが見つかるでしょう。



わんちゃんがドッグフードをよく食べるかどうかは勿論、毛並みや便の状態もしっかりチェックしましょう。毎食ドッグフードを使うなら知っておくべき点は、「トータル的に栄養が摂れるドッグフードかどうか」「ペットフード公正取引協議会の決まりに添っているかどうか」「生活スタイルに見合うドッグフードを与える」の3つの要素があるんです。様々なドッグフードですが、大聞くは栄養中心の食品・気分を紛らわせるもの・体調によって必要な食品にグループ分けできます。
総合栄養食には必要な栄養が含まれていますので、水分補給を忘れなければ問題ありません。言ってみれば、日本人のお米のようなものに当たります。間食(一回あたりの摂取カロリーを減らして、食事をする回数を増やす方が痩せやすいといわれています)は大体オヤツに使用され、他にも理由によって食べ物があり、動物病院で処方される療法食の一部も含まれることがあるんです(療法食の多くは総合栄養食として食べ指せることができます)。
だから、オヤツとか、それ以外の理由による食品とかだけでは、栄養が不足してしまうから、いつもあげる食品に適していません。ドッグフードを食べ指せる場合は、「総合栄養食」と掲載のあるかを忘れずにチェックしてちょうだい。動物の身体の様子をチェックするのに便利なのがうんちであることは、犬だけではありません。動物性たんぱく質が犬にはとても大事であることは、別の記事でも書いています。



犬の便がころりとしている場合は動物性たんぱく質をしっかり摂取出来ている証で、黄色っぽい茶色で、多い量ではありません。
しかも、きつい臭いはしないです。きつい臭いがしたり、固さの無いゆるい感じ、多めの量と言ったことは大量の穀物を食べて少し下痢(急性のものはウイルスなどが原因のことがほとんどで時間の経過と共に回復しますが、慢性のものは重要な疾患の症状であることが多く、何らかの治療が必要です)している可能性があるんです。

ウンチの色がうすい色の場合は、胆汁が不足している可能性や、肝臓が悪い可能性があるんです。ちょっと白がかったうんちの時は、膵臓が弱っていることや大量のサプリメントを食べたことが考えられます。


そして、通常の尿は淡い黄色になっていますが、水を多く与えると、色の薄い尿が出ます。


犬が水をがぶがぶ飲むのは、糖尿病のサインかもしれません。しかも、尿路結石の時は尿が頻繁に出たり、逆に、尿が全く出なかったりします。
何を基準にドッグフードを選びますか?客が冷静に判断すると言ったよりはつい買ってしまいたくなるような言葉を盛り込向ことは、売り上げに直結する為販売にはかかせないものになります。
キャッチコピーが目立つのはなにもドッグフードに限りません。


一例としては次のような広告コピーのドッグフードがあっ立とします。

愛犬が柴犬の客にとっては「柴犬専用」と言った商品を思わず手に取ってしまうでしょう。


少し考えてみてちょうだい。



ドッグフードでいう柴犬専用とはなんなのでしょうか。



詳細はわからないけど、「専用」とあえて掲載されているなら沿うなのになるでしょう。
確かに沿うかもしれません、しかし沿うでない可能性もあります。なにより、そのドッグフードの良し悪しを決めるポイント(効率のよさを追求するなら、知っておくべきでしょう)が「柴犬専用である」ところではないかもしれません。



宣伝広告について、私は反論しているわけではありません。
ただ、ドッグフード選びにあたって、広告コピーのことはいったん、忘れてちょうだい。わんちゃんの食事はお肉と雑穀のどちらがいいか、人それぞれ考え方が違います。
犬は炭水化物をうまく消化できません。
また、動物栄養学国立研究会議(NRC)は「十分なたんぱく質を与えられていれば、炭水化物については犬・猫は必要ない」と発言しました。


他の専門家も、わんちゃんのごはんで炭水化物を避けることを推奨しているワケではなく、取らなくても問題ないと言った考えが多いです。事実、ドッグフードの主成分に炭水化物の項目が無いのは、犬にとっては不要な栄養成分だからです。

しかし、ドッグフードには多くの穀物を使用しています。
なぜならば、原価の安い穀物を入れた方が費用対効果が良いからです。



良質のたんぱく質を穀物から取り入れるのは難しいですし、炭水化物が不要と言ったならば、やはり穀物中心よりお肉中心のドッグフードの方が良いと思います。

Copyright (c) 2014 完全無添加な安心安全ドッグフードはこれ1 All rights reserved.
▲ページの先頭へ