完全無添加な安心安全ドッグフードはこれ1 >

完全無添加な安心安全ドッグフードはこれ1

ドッグフードの選び方やおすすめなドッグフードを紹介します。
写真

あるドッグフードを食べると、その


あるドッグフードを食べると、その犬の皮膚がただれて毛が抜けてしまう。

このようなことが起こるのは、化学合成添加物などが原因の場合があります。人間と同様に、毒性に強い犬もいれば弱い犬もいます。

弱いものはほんの少量の添加物にも過剰に反応します。

もし、あなたのペットがアレルギーだった場合、ご飯を手作りしてあげてみてちょーだい。

色々なメーカーが作る低アレルギー食ドッグフードをいろいろ試すよりも、それが一番確実な方法です。それでも症状(自覚できるような異変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が改善しない場合は、アレルギー源として疑わしいものを一つずつ抜いてご飯を創り、アレルギー源を突き止めてちょーだい。


自作の料理に何が含まれているかは、作ったあなたが一番わかっています。



手作りには手間がかかりますが、いろいろな程アレルギードッグブードを試し、通院する手間などを考慮すれば、おなじようなものでしょう。

なにより、自分でアレルギーの原因を特定する方が、はるかに信用できます。
犬に限らず、動物の健康状態を見るのに一番効果的なのはウンチを見ることです。

犬の栄養で特に大切なのは動物性たんぱく質であることは、以前にも書かせて貰いました。

よく動物性たんぱく質を含む食事ができている犬は丸くなった便をして、濃い目の黄色がかった茶色で、大量ではないです。それに臭いも大してしません。



臭いが強かったり、挟めないほど柔らかい、大量の時は穀物の食べ過ぎで、消化が十分でない状態の場合があります。
肝臓に疾患がある時や胆汁(消化酵素は含まれていませんが、消化をサポートする働きがあります)の分泌が十分でない時は、便の色が薄くなります。膵臓のはたらきが悪くなっていたり、サプリメントを大量に摂取したりした場合は少し白っぽい便になります。
それから、いつもは薄めの黄色の尿ですけど、たくさんの水分を摂ると、さらに尿の色が薄くなります。たくさんの水を犬が飲んでいる時は、糖尿病を疑わなくてはなりません。そして、頻尿、あるいは尿の回数が極端に少ない時は、尿路結石の場合があります。犬が摂取する栄養成分のうち、もっとも重要なものは動物性タンパク質、つまりお肉です。
よって、ドッグフードの成分もお肉がメインでなければなりません。
市販の肉の値段は安くて100gで100円程度で、それより安いものはあまりありませんが、場合によってはそのくらいの値段でお肉が手に入ることもあるでしょう。


しかし、それは加工されていない肉の話です。ドライタイプのドッグフードに含まれる水分は10%しかないのです。


生肉に含まれる水分は概ね70%前後です。よって、1kgの生肉をドライタイプ(水分10%)にすると、400gしか残りません。

沿う考えると、犬が食べているドッグフードにまともな肉が入っているとは考えにくく、また、そもそも肉などほぼ入っていないに等しいのか以外の考えができません。
どんなことに気をつけてドッグフードを選んでいますか?客が冷静に判断するというよりはつい買ってしまいたくなるような言葉を盛り込向ことは、売り上げに直結するので販売にはかかせないものになります。キャッチコピーが目立つのはなにもドッグフードに限りません。


あるドッグフードで次のような広告文章が配置されている場合を考えてみます。柴犬の飼い主にとっては「柴犬専用」と書かれているドッグフードは魅力的に映るでしょう。しかし、具体的には、そのドッグフードのどこが柴犬専用なのでしょうか。
取りあえず「柴犬専用」とかいてあるからエラーはないんじゃない?「柴犬専門」かどうかはそれだけではわからない部分もあります。

それ以上に、そのドッグフードを選定する基準は他にはないのでしょうか。宣伝広告について、私は反論しているワケではありません。私はフレーズのみでドッグフードを選んでしまうことには疑念を抱いています。


良質のドッグフードを購入するのは、わんちゃんの家族としてあたりまえ、との考えはまるで市販のドッグフードには良い物がないという印象をもちませんか?いったい何が使われているのか、表示を見てもよくわからないかもしれません。
人の食事と比較してドッグフードの品質に疑問を感じるのは、家族なら当然の感情かもしれません。となると、どのドッグフードを選べば良いの!?と感じるかもしれませんが、保存料や添加物のないドッグフードを選べばなると、極論を言えば「生肉を与える」方法しかなくなります。

そこまで悩まずとも、犬の生態を勉強し、ライフステージや犬種ごとにかかりやすい病気、さらにはサイズといった条件からベストなドッグフードを見つけることが先決となります。ざっくりとドッグフードを種別分けし、合う内容のもののみをさらに細かく見ていくようにして、ワンちゃんのためにちょうどなドッグフードを選んであげることが重要です。ドッグフードの値段について、考えたことはありますか1kgで2000円近くするプレミアムドッグフードから、10kgで1000円前後の安価なものまで売られていますが、一般的なドライタイプのドッグフードは大抵約500円から700円程度だと思います。ここで、食料品として正しい相場であるかを検証してみたいと思います。
人間だって食費を抑えている時代に、犬だけ高いフードを買うなんて考えられないと思う方もいるかもしれませんが、 いわゆるプレミアムドッグフードでも、人間の食べ物よりも安価のはずです。

ほぼ一生の間、犬は同じドッグフードを食べ続けます。
ドッグフードに入っているものがまともでない場合、病気になった犬の治療費もかかります。

原材料に何が使われているなんてさっぱりわからないドッグフードですが、食品衛生法などで守られていないという点で、実にまともではないです。安全の度合いでは、人間のジャンクフードのほうがはるかにましです。主食としてドッグフードを選ぶにあたって最低限チェックしたいポイント(効率のよさを追求するなら、知っておくべきでしょう)は、「必要な栄養が適量配合されたものかどうか」「ペットフード公正取引協議会の基準に合っているかどうか」「発育状況にマッチしたドッグフードを出す」の3つの重点があります。飼い犬に与える食事は、主食になる栄養満点なもの、おやつ、追加する食事に分けられます。


総合栄養食とは、犬が摂取しなければならない栄養素が詰まっているものですから、これと水をあげれば十分です。



要するに、安心して毎回与えてよいドッグフードのことです。間食は軽い食事になるもので、それ以外には味付けなどで与えるもので、動物病院でもらった療法食も含まれることがあります(療法食の大部分が総合栄養食です)。
即ち、間食やその他のフードを食べ指せていても、栄養バランスが完全にはならないので、毎食出す食べ物になりません。ドッグフードを買う際にはまず始めに「総合栄養食」と書いてあるか確認してみてちょーだい。犬の体に問題がないときは、生活環境を見直したりドッグフードを変えてみることをお勧めします。
生活環境改善の取り組み方は人間の生活スタイルや犬の生活によって様々です。人間との関係を良好にすることと、家の中に犬専用のスペースを準備すること、食事の時間をきちんと決めることが基本です。

ドッグフードに関しても、やはりそれぞれの犬に合うフードはさまざまですので、全ての犬にお薦めのドッグフードというのはありません。基本的には消化のよいドッグフードの中から選びます。



良い材料を使ったもので、わんちゃんの体のことを考えたフードは消化によいものが多いので、そこから犬に合ったものを選んであげると良いですね。

ただし、フードの良し悪しは食いつきだけでなく、毛並みや便の状態も合わせてチェックすることが重要です。
ドッグフードとして肉と炭水化物、どちらを多く含むべ聞か意見が分かれるところです。

しかし、犬の健康を考えると、炭水化物の取り過ぎは消化器の負担になってしまいます。また、動物栄養学国立研究会議(NRC)は「十分なたんぱく質を与えられていれば、炭水化物を摂取しなくても犬や猫は健康でいられる」と言っています。
同じように専門家の多数も、犬は炭水化物で体調を悪くするワケではないが、取らなかったところで何もおこらないと言っています。事実、ドッグフードの主成分に炭水化物の項目が無いのは、犬にとっては不要な栄養成分だからです。



そんな健康に影響が皆無の成分にもか換らず、ドッグフードには穀物が多くふくまれています。
なぜなら、原価の安い穀物を入れた方が費用対効果が良いからです。

良質のたんぱく質を穀物から取り入れるのは難しいですし、炭水化物が不要というならば、やはり穀物中心よりお肉中心のドッグフードの方が良いと思います。動物性のタンパク質がいかに重要かが関わってきます。

犬は人と同じものを食べることは出来ますが、栄養バランスは犬と人間ではまあまあちがいます。犬が一番必要だと思われる栄養素はタンパク質です。犬は人よりも多くの種類、多くの量の必須アミノ酸をタンパク質から摂取する必要があります。このとき、重要になってくるのは良質な動物性タンパク質(つまりお肉)を中央にタンパク質を摂取することです。



植物性のタンパク質では犬の体には合わず、アミノ酸が適度に摂取出来ません。

実は、犬の消化器官は植物性タンパク質を分解することが難しいです。

ドッグフードは安く買えるし、タンパク質の量も増やされたりしながら調整しています。しかし、ドッグフードの袋には、粗タンパクとしか表示されていないから、必須アミノ酸がしっかり含まれているか分かりません。



犬にとって最も大切な栄養成分は肉などの動物性タンパ

犬にとって最も大切な栄養成分は肉などの動物性タンパク質です。



だから、ドッグフードにも肉が多く含まれていなければなりません。

スーパーで1kg600円程度のお肉なんて沿う沿う見つかりませんが、激安スーパーや特売を捜せばそのくらいの安いお肉に巡り会えることもあるかも知れません。



しかし、これは人間用の肉です。

犬が食べるドッグフードの水分量は全体の10%しかありません。生肉は半分以上が水分なので、もともと1kgあった肉も乾燥指せると400gしか残りません。
沿う考えると、安いドッグフードはまともな肉なんて使われていないか、肉など入っていない可能性も考えられます。健康状態に異常がなければ、食事と生活環境を見直しましょう。
生活環境改善の取り組み方は人間の生活スタイルや犬の生活によって様々です。人間との関係改善、住環境の整備および食事時間を見直すことが重要です。

犬によって合うドッグフード、合わないドッグフードは異なりますので、すべてのわんちゃんに合うドッグフードというのはありません。消化のよいドッグフードが一般的には良いとされています。


きちんとした原材料を使用し、犬の体やアレルギーに配慮したものは消化のよいものが多いです。



それらのフードから飼い犬にあったものを選びます。わんちゃんがドッグフードをよく食べるかどうかは勿論、毛並みや便の状態もしっかりチェックしましょう。ドッグフードを選ぶときには、肉と穀物、どちらが中心のものがいいのでしょうかか。しかし、犬の健康を考えると、炭水化物の取り過ぎは消化器の負担になってしまいます。
また、動物栄養学国立研究会議(NRC)は「たんぱく質は必要不可欠だが、炭水化物を摂取しなくても犬や猫は健康でいられる」と言っています。その他の専門機関でも、犬にとって穀物(炭水化物)が悪いというよりは、とくに炭水化物を摂取しなくても大丈夫、という見解が一般的です。


事実、ドッグフードの主成分に炭水化物の項目が無いのは、犬にとっては不要な栄養成分だからです。


その様などちらでもいい成分が多く含まれる穀物がなぜドッグフードで多量に含まれているかというと、穀物の価格が安く、原価を低く抑えれるからです。



良質のたんぱく質なら他の原材料があるみたいですし、やはりわんちゃんの食事はお肉中心にすることがおすすめです。

動物性タンパク質を中心にタンパク質を摂取することが重要です。



犬は本来人間と同じものを食事することが出来ます。
栄養をどう取るかというのは犬と人間とは全く異なります。犬にとって一番大事な栄養素はタンパク質です。



犬は人間よりかなりアミノ酸が必要です。


そのためにはタンパク質がカギです。

ここで本来大切なのは動物性タンパク質と言われる肉などを摂取しなければいけません。
植物性タンパク質では犬の必須アミノ酸を全てまかなうことができません。犬には植物性のタンパク質を分解する十分な機能があまり備わっていません。

ドッグフードは安く買えるし、タンパク質の量も増やされたりしながら調整しています。
しかし、ドッグフードのパッケージには、簡単に粗タンパクとしか書かれていないから、必須アミノ酸の量が分かりません。
あるドックフードを食べると、皮膚がただれて毛が抜けてしまう。これは化学合成添加物などが原因で起こり得ます。
人間と同じように、毒性に強い犬と弱い犬がいます。弱い犬は、ほんの少量含まれる添加物にも度を超えて反応してしまいます。
もし、アレルギーの犬がいたら、まず手作りで犬のご飯を作ってみてください。色々なメーカー出す低アレルギー食ドッグフードを取捨選択するよりも、それが一番確実です。


それでも症状が良くならない場合、アレルギーの原因であると思われる食材を1種類ずつ抜いて特定をしてください。



自作の料理に何が含まれているかは、作ったあなたが一番わかっています。

様々な程アレルギードッグフードを試したり、長く通院する手間と費用を考えれば、手作りする手間も感じないでしょう。
なによりも、自分でアレルギー源を突き止めることが、確実に信用できます。

主食としてドッグフードを選ぶにあたって最低限チェックしたいポイントは、「栄養バランスが取れた食品かどうか」「ペットフード公正取引協議会が決めている目安を守っているか」「年齢に合ったドッグフードを選択する」の3つです。飼い犬に与える食事は、主食になる栄養満点なもの、オヤツ、追加する食事に分けられます。


総合栄養食は、基本的にはそのフードとお水だけで犬の栄養が満たされるフードのことです。

即ち、毎日与えて問題がない食べ物です。



オヤツは食事の間に与えるもので、追加される食べ物は足りない栄養を補充するもので、動物病院の処方箋による食品も入ることがあるみたいです(一般的には総合栄養食のことが多いです)。即ち、間食やその他のフードを食べ指せていても、栄養バランスが完全にはならないので、毎食出す食べ物になりません。ドッグフードを買う際にはまずはじめに「総合栄養食」と書いてあるか確認してみてください。どんなことに気をつけてドッグフードを選んでいますか?メーカーが購買意欲を促進する大切なポイントとして、キャッチコピーで購入者にわかりやすく説明するということが挙げられるのです。ドッグフードのみならず、購買意欲をそそる言葉はすぐに目に入るところにデザインされています。ドッグフードのキャッチコピーで次のような事例をみてみます。
愛犬が柴犬の客にとっては「柴犬専用」という商品を思わず手に取ってしまうはずです。沿うはいっても、そのドッグフードが本当に柴犬専用なのかはわかりません。
何が「柴犬専門」かはわからないけど、「柴犬専門」と書かれているなら専門なのだろう。本当に柴犬専門のドッグフードなのかも知れません。

それよりも、別の部分でそのドッグフードを考察した方がいいかも知れません。
私は広告コピーが悪いとか嘘だとか言いたいわけではないんです。ただ、ドッグフード選びにあたって、広告コピーのことは一旦、忘れてください。ドッグフードの相場はどうでしょうかドッグフードにも様々な価格帯があるみたいですが、500円から700円程度のドライタイプがペットショップでの売れ筋のようです。

では、この価格帯は、食料品として正しいのでしょうか。犬にこんな贅沢な食べ物は必要ないと思う人もいるでしょうが、人間の食費よりは、プレミアムドッグフードのほうが安いと思います。


そして、犬はドッグフードを10年以上、毎日食べ続けます。
まともじゃないものが入っているドッグフードを食べ続けて、老後、病気になった場合、そのほうがお金がかかります。
「まともじゃない」は言い過ぎではなく、安全基準が定かではないドッグフードの原材料はまともじゃないのです。


ジャンクフードのほうが、よっぽど安全です。

犬のエサとして肉と穀物、どちらがいいか見解が分かれます。しかし、わんちゃんは穀物や炭水化を消化しようとすると負担がかかってしまいますまた、動物栄養学国立研究会議(NRC)は「たんぱく質を中心に食事をすれば、炭水化物については犬・猫は必要ない」と発言しました。他の専門家も、わんちゃんのごはんで炭水化物を避けることを推奨しているワケではなく、とくに炭水化物を摂取しなくても大丈夫、という見解が一般的です。

特に取らなくても問題のない成分なので、炭水化物をありがとうございますピールしているドッグフードはありません。それでもドッグフードの主成分に穀物が多く使われているのは何故かというと、価格を抑えてドッグフードを造れるからです。

たんぱく質を取るなら穀物はおすすめの原料ではないんです。やはりわんちゃんの食事はお肉中心にすることがおすすめです。家族だからこそ、わんちゃんのドッグフードには気をつかうべきです、と提唱されると、選りすぐりのドッグフードを買うには市販では捜すのが大変沿うに思いませんか?含まれている成分表示を見てもピンとこないかも知れません。

たしかに「犬の餌は人間の食事より粗悪」だとワンちゃんを愛していればいるほどに感じてしまうかも知れません。
沿うすると、購入できるドッグフードがない!という極論に行きついてしまいがちですが、ドッグフードにはどうしても保存料などが含まれてしまいますので、変りに生肉を食べ指せるしかありません。



まずは、ご自身のワンちゃんをしっかりと観察して、わんちゃんもそれぞれ体質は違います。



成長と一緒に食事も変わるので、その辺も見据えてドッグフードを考えることが大切です。そして、ある程度ドッグフードを絞り込向ことができたら、そこから添加物や産地といった条件でさらに絞り込んで、ワンちゃんのためにちょうどなドッグフードを選んであげることが重要です。

ドッグフードとして肉と炭水化物、ど

ドッグフードとして肉と炭水化物、どちらを多くふくむべきか意見が分かれるところです。


しかし、犬の健康を考えると、炭水化物の取り過ぎは消化器の負担になってしまいます。また、動物栄養学国立研究会議(NRC)は「たんぱく質を中央に食事を行ったら、炭水化物については犬・猫は必要ない」と発言しました。他の専門家も、わんちゃんのごはんで炭水化物を避けることを推奨している所以ではなく、取らなかったところで何もおこらないと言っています。どちらでも良い成分なので、ドッグフードの成分表示に「炭水化物」はけい載されていません。しかし、ドッグフードには多くの穀物を使用しています。



なぜならば、穀物を入れた方が安くなるからです。そもそも穀物から良質のたんぱく質の摂取は期待できませんし、炭水化物を取る必要がないのなら、ドッグフードの成分割合は穀物より肉が多くあるのが望ましいです。



動物の身体の様子をチェックするのに便利なのがうんちであることは、犬のみではないんです。
別の記事で書いたこととダブってしまいますが、動物性たんぱく質が犬には必要不可欠なでしょう。動物性たんぱく質を体内に十分取り入れている犬の便はコロコロとしていて、茶褐色が濃い感じで、量は多めではありません。しかも、あまり臭いません。穀物類を大量に食べた時はちょっと消化不十分になることがあり、便も臭いがしっかりして、ゆるゆるの柔らかさ、量がたくさんになります。
肝臓に疾患がある時や胆汁の分泌が十分でない時は、便の色が薄くなります。膵臓の働きが悪くなっていたり、サプリメントを大量に摂取したりした場合は少し白っぽい便になります。さらに、普段の尿は薄い黄色でありますが、いっぱい水を飲むと、尿は薄い色に変わります。
いっぱい水を飲む犬は、糖尿病かも知れません。
そして、頻尿、もしくは尿の回数が極端に少ない時は、尿路結石のことがあります。主食としてドッグフードを選ぶにあたって最低限チェックしたいポイントは、「いろいろな栄養が入っている食べ物かどうか」「ペットフード公正取引協議会の規格を合格しているかどうか」「体調に見合ったドッグフードを食べ指せる」の3つのポイントがあります。

ドッグフードは、栄養バランスがとれた食事、気分転換も兼ねて食べる物、不足した栄養を補うものに分別できるのです。



総合栄養食とは、これと水分を摂取すれば十分犬の健康が維持できる食品のことです。端的に言えば、これさえ食べ指せておけばOKです。オヤツは食事の時間外に食べ指せるもので、それとは別に付けたしで食べ指せるものもあり、動物病院でもらった療法食も含まれることがあります(療法食の大部分が総合栄養食です)。



結果的に、オヤツやそれ以外の食べ物のみでは犬の健康を維持できないので、毎食出す食べ物になりません。
ドッグフードを買う際にはまず始めに「総合栄養食」と書いてあるか確認してみてちょーだい。肉などの動物性タンパク質は犬の健康に最も重要な役割を果たします。ですから、ドッグフードでどれくらいの肉がとれるのか考えてみなければなりません。



市販の肉の値段は安くて100gで100円程度で、それより安いものはあまりありませんが、鶏や豚なら特売でそのくらいの値段になるかも知れません。

でも、これは生肉についての話です。

犬が食べるドッグフードの水分量は全体の10%しかありません。

持と持と70%ある水分をドッグフードと同じ10%まで減らすと、400gしか残りません。


そうやって考えると、比較的安価なドッグフードに含まれている肉はまともなものではないか、肉など入っていない可能性も考えられます。
どのような着眼点でドッグフードを購入していますか?メーカーが購買意欲を促進する大切なポイントとして、キャッチコピーで購入者にわかりやすく説明するということが挙げられます。ドッグフードの商品以外でも、ぱっと目につくところに宣伝広告の文言はあります。


ドッグフードのキャッチコピーで次のような事例をみてみます。


「柴犬専用ドッグフード」という言葉で、柴犬の飼い主を惹きつけることができるのです。しかし、具体的には、そのドッグフードのどこが柴犬専用なのでしょうか。何が「柴犬専門」かはわからないけど、「柴犬専門」と書かれているなら専門なのだろう。
そのドッグフードを精査する部分が「柴犬専門」のみでいいと判断しても大丈夫なのでしょうか。目につく文章を商品から排除すべきとの意見を述べるつもりはありません。目につく言葉のみでドッグフードを選んでしまわないよう、気をつけてちょーだい。
世の中には犬の食事はお肉中心より穀物中心のほうが良いという方もいらっしゃいます。しかし、犬の健康を考えると、炭水化物の取り過ぎは消化器の負担になってしまいます。また、動物栄養学国立研究会議(NRC)は「十分なたんぱく質を与えられていれば、たんぱく質を十分に取るべきである」との見解を示しています。

一般的に専門機関の見解では、炭水化物を犬に与えることを禁じているわけではなく、とくに炭水化物を摂取しなくても大丈夫、という見解が一般的です。
特に取らなくても問題のない成分なので、炭水化物をありがとうございますピールしているドッグフードはありません。
その様などちらでもいい成分が多く含まれる穀物がなぜドッグフードで多量に含まれているかというと、穀物の価格が安く、原価を低く抑えれるからです。
良質のたんぱく質なら他の原材料がありますし、炭水化物中心のドッグフードよりも肉が多く含まれているものの方が犬の健康には重要です。
特定のドッグフードを食べた場合、犬の皮膚がただれて毛が抜けてしまう。これは化学合成添加物などが原因の一部として挙げられます。
犬にも人間にも毒性に強いものと弱いものがいます。

弱いものはたった少しの添加物にも過剰に反応してしまいます。


もし、あなたのまわりにアレルギーの犬がいたら、ご飯を手つくりしてあげてみてちょーだい。


いろいろな市販の低アレルギー食から厳選するよりも、これが一番確実な方法と言えるでしょう。

それでも症状が思わしくない場合は、アレルギーの原因と思われる食材を一つずつ抜き特定していってちょーだい。

自分で作った料理なので、何が入っているかはわかるはずです。
確かに手つくり食は手間もかかりますが、いろいろな低アレルギードッグフードを試したり、病院に通院し続ける手間と費用を考えたら、同じようなでしょう。なによりも、自分でアレルギー源を突き止めることが、確実に信用できるのです。
犬のドッグフード選びは家族として大切である、と強調されると一般に販売されているドッグフードでは物足りないのでは?という疑問を抱きませんか?どんな内容の原料か神経質になればなるほど迷ってしまいます。
家族であるわんちゃんにも自分と同じように安全なものをという気持ちから、ドッグフードの成分に疑問を抱くこともあるかも知れません。
この様な考えではドッグフードを選べない、と悩んでしまいそうですが、保存料がなく、無添加の食事というと、生肉にするしかないという結論に行きつきます。


まずは、ご自身のワンちゃんをしっかりと観察して、犬の種類はもちろんですが、子犬か老犬か、体格などにもよって選ぶべきドッグフードは変わってきます。ドッグフードの対象を見極めて、対象のものだけ成分表示などを吟味するようにし、本当に犬にとって良いドッグフードを見極めることが大切です。



犬の体に問題がないときは、生活環境を見直したりドッグフードを変えてみることをお勧めします。環境を整えるには家庭の事情や犬の生活を考慮に入れる必要があります。
まずは人間との関係性と犬の生活環境をととのえ、食事時間を見直すことが重要です。
他の犬に合うドッグフードが自分の犬にも合うとは限らず、すべての犬にお奨めのドッグフードというのはありません。消化のよいドッグフードが一般的には良いとされています。

良い材料を使ったもので、わんちゃんの体のことを考えたフードは消化によいものが多いので、それらのフードから飼い犬にあったものを選びます。

フードを試す時は、犬の好みのみでなく、毛並みや便などの体調を見てあげることが大切です。


動物性のタンパク質を取らないといけません。



犬は本来人間と同じものが食べられます。
体に必要な栄養は犬と人間では全く異なります。
犬はタンパク質が一番カギになる栄養素になります。


犬は人よりも多くの種類、多くの量の必須アミノ酸をタンパク質から摂取する必要があります。ここで、動物性タンパク質を取らなければいけません。



特に肉類です。
植物性タンパク質では犬の必須アミノ酸を全てまかなうことができません。また、犬の消化器官は植物性タンパク質の分解を不得意としています。ドッグフードは安いし、低品質な穀物とタンパク質の量がバランス良く配合されています。しかし、ドッグフードの袋には、粗タンパクとしか表示されていないから、必須アミノ酸がしっかり配合されているか分かりません。

モグワンドッグフードについてはこちら
Copyright (c) 2014 完全無添加な安心安全ドッグフードはこれ1 All rights reserved.
▲ページの先頭へ